ブログトップ

顧客対応編

投稿日時:2017-09-22 10:36:42

家の展示場を回る際には、そのハウスメーカーの営業と話をすることになるでしょう。もし契約をする場合は、その時に話した営業が自分たちの担当になる可能性が高いです。ですから、営業担当との相性が非常に重要となります。

家を実際に建てるとなれば、その営業担当とは少なくとも家が完成するまではつきあっていくことになります。最低でも半年以上は付き合う相手です。アフターフォローも同じ担当が行うのなら、数年単位のお付き合いになるかもしれません。営業と相性が合うかどうかは、意外に重要なのです。

モデルハウスは非常に気に入ったけど、担当が予算を無視してしきりに高額なオプションばかり進めてきたり、逆に希望予算が少ないからとあからさまに態度が横柄になったりするような人だったら、そのハウスメーカーとは契約したくありませんよね。家は高価な買い物です。きもちよく質問に答えてくれる担当さんなら、信頼できるものです。営業の顧客対応の満足度は、実際に契約した後の対応力の指針となるのです。

展示場で見て回っていると、特に営業の顧客対応で満足度が高くなると、ついついその場で契約したくなります。しかし、それは少し待ってください。今日絶対に契約まで持ち込むという具体的なプランがあって、最終確認として展示場を見学しに来た場合は別ですが、展示場に来るのは「ぼんやりと予算を決めているだけ」という方も多いのです。急ぐ必要はありません。いくつもの展示場を比べてみて、仕様や顧客対応の気に入ったところを選ぶと良いでしょう。

PR
BACK TO TOP